カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

【送料無料】Lavendura(ラベンデュラ)63mm アイピース 2インチサイズ

ラベンデュラアイピース55mm

【送料無料】Lavendura(ラベンデュラ)63mm アイピース 2インチサイズ

価格:

20,000円 (税込 21,600円)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

Lavendura(ラベンデュラ)63mm アイピース 2インチサイズ
メーカー:北軽井沢観測所

見かけ視界:45度
レンズ構成:3郡6枚
アイレリーフ:レンズ面から25mm、アイピース見口より10mm
形式:ラベンデュラ形式
重量:390g
寸法:長さ127mm
   :直径58mm



【自然な感覚で風景や星空を見たい】 〜これがLavenduraアイピース開発の始まりでした〜

最近の天体望遠鏡の世界では見かけ視野が70度〜110度に及ぶ広い視野が特徴の高級アイピースが各社から販売されています。広視野アイピースを使うと望遠鏡ののぞき穴の世界(従来アイピースの狭い視界)から開放されて目前に広がる星や月面の世界の広さに感動させられます。広視野アイピースには明らかな存在価値があります。
しかし、同時に多少の違和感を覚える場面にも遭遇します。地上風景や月面散歩などの場面では視野の中央から外側に向かって視野の歪みが増していく強い歪曲収差の存在を感じるからです。
逆にこの違和感を全く感じさせないアイピースもあります。Radianというそのアイピースは60度の見かけ視界全域にわたって完全な平坦性が確保されています。視野の端で半分欠けた惑星の像ですら視野中央にいたときの惑星像と何ら変わることがない様からアイピースの重要な性能の一つが整像性であることを教えられます。残念なことにRadianのラインナップには18mmよりも長い焦点距離の製品がありません(でした)。
それならば整像性の高い長焦点アイピースを作ってみたい・・・。これがLavenduraアイピース開発のきっかけでした。


【設計の基本はピンホール】〜収差はそこからのズレではじまるのです〜

光学設計上ピンホールは理想的なレンズとして取り扱えます。しかし、ピンホールは面積がゼロなので光を集めることができません。そこでピンホールの位置に面積を持った集光目的のレンズや鏡を置くわけですが、レンズの面積が様々な収差発生の原因となります。
一般にアッペオルソやプローセル、ラムスデンのように前後の群が対称性を持つように配置された光学系は歪曲収差を打ち消し合う効果により歪が少ないことが特徴です。しかし、これらの形式のアイピースでは広い見かけ視界を得ることが苦手です。反対に整像性をある程度犠牲にするのであれば視野を広げる設計も可能になります。 何を補正して何を犠牲にするのか・・・この点を明確にすることがアイピース設計の柱になります。Lavenduraアイピースの設計では視野の広さよりもRadianのように視野最周辺まで整像性の高い特性を持つ長焦点アイピースを目指しました。
Lavenduraアイピースは前後対称プローセル式オルソの後群レンズで補正が不十分となることに注目し、後群の後に更に補正レンズを加えることで歪曲収差の補正量を最適化した3群6枚の超整像アイピースです。

【Lavenduraアイピースの像】〜歪曲収差のない像は気持ちの良いものです〜

下の写真は北茨城市在住の清水様が撮影されたマンション壁面タイルの写真に基準線を入れたものです。Lavenduraアイピースは歪曲収差がほぼ完全に補正されています。


また下列の写真はLavenduraアイピースと市販40mm級アイピースでコリメート撮影した風景写真です。Lavenduraアイピースの像は視野が平坦で明るく倍率の色収差や周辺減光も少ないことが判ります。長焦点アイピースLavenduraシリーズに備わったこの特性は地上風景やディープスカイの観望に新たな感動をもたらしてくれることでしょう。

【整像性が増すと新たな効果が】
各種収差を補正したLavenduraには次のような想定外の嬉しい効果が発現しました。
(1) 中心像が良く視野の端まで像が崩れない ・・・ 視野全体が1点で合焦します
(2) 高いコントラスト ・・・ 月面や風景の明暗境界で滲みが非常に少ないです
(3) アイピースの色収差がない ・・・ 多くのアイピースを見比べてトップクラスです
(4) 抜けが良い ・・・ 視野がクリアーで風景や淡い星雲に絶大な効果があります
(5) 様々な望遠鏡に対応します ・・・ RFTから長いFの望遠鏡まで対応します
(6) 視野の狭さを感じにくい ・・・ 全視野が上質な像で視野の狭さを感じにくいです

設計・アッセンブリ
北軽井沢観測所 大久保秀一

※今回ご提供させていただきます製品はオリジナル設計の金物にデッドストック品レンズを入れて組み上げました。 レンズは1枚ずつ洗浄とチェックを行っていますが、デッドストック品のレンズの為Lavendura形式の接眼レンズとしては性能にほとんど影響しない傷や汚れについて許容しております。
性能に影響しない瑕疵は免責とさせて頂きます。


マルチコート

ケース


【お知らせとお詫び】

こちらの商品は以前Lavendura55mm52度として販売していた商品です。

ある光学メーカーに持ち込みメーカーが製品管理にもちいております焦点距離計で計測をいたしましたところ、焦点距離が62mm〜64mmであることがわかりました。
アイピースの焦点距離はJIS規格において±5%の誤差が許容されていますが、本アイピースの焦点距離はこの規格に入っていない事がわかりました。
ご購入されたお客様にはご連絡致しまして対応させて頂きました。

今回の経緯と今後の対策につきましては以下のようにご報告させて頂きます。

【経緯】
今回の開発では歪曲収差補正のコンセプト設計と光学計算、および試作を繰り返しながら開発を進めてまいりました。
その結果最大の目的の歪曲収載についてはほぼ完全な補正状態に到達致しました。
 しかし焦点距離につきましては計算で得られた焦点距離を元に、既知焦点距離の望遠鏡にて視野を確認致しまして、想定される実視界が得られていた事から計算上の焦点距離55mmとそこから導出した見かけ視野角52度を表記致しました。 本来なら最初に行うべき焦点距離確認が不十分であった結果生じた問題であります。

【再発防止策】
現在、次期Lavenduraアイピースの開発を行っておりますが、焦点距離計の導入と光学メーカーでの確認による2段階チェックにて再発防止を図ります。

製品管理の改善を目指しますので、今後とも何卒ご愛顧の程、お願いを申し上げます。

北軽井沢観測所 大久保秀一

 

 

 




アイピース装着例(なべやん様ご提供)

ページトップへ