カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

【北軽井沢観測所】 RPL( リアルプローセル)シリーズ

真のプローセルアイピース(RPL)の登場です
〜抜群のヌケの良さが星の色をつややかに表現します〜

【北軽井沢観測所】 RPL( リアルプローセル)シリーズ

価格:

9,000円 (税込 9,720円) 20,000円 (税込 21,600円)

焦点距離:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星なし 4.0 (2件)
この商品について問い合わせる

 プローセルアイピースは『安物のオルソスコピック』でしょうか・・・?
答えは「No」です。
 並み居る超高級アイピースの中で最近『Abbe オルソ』が復権を果たしつつあること は大変に嬉しい現象です。
 Abbe オルソは製作の難しい貼り合わせ3 枚玉の視野レンズと1 枚玉の眼レンズから 構成されています。
補正量の適正化された2 群4 枚のレンズ構成は見かけ視界が40 度 程度と狭いものの、視野の平坦性や歪曲収差の少なさ、中心像のシャープネスは超高級 アイピースに勝ります。
 一方、プローセルアイピースも前群と後群が対称系のオルソスコピックレンズですが どちらかというと安物扱いをされてきました。
その大きな理由は前群と後群に同じレンズを配置することで製造コストを抑えることができたためでしょう。そして、安価な分 残存収差が多く認められます。
 実際のところプローセルの前群の収差を補正する後群 には前群よりもパワーの強いレンズが求められるのですが、後群を簡易的に前群と同じ レンズにしてしまったので残留収差の原因となっています。
では、後群のレンズに最適な収差補正量のレンズを配置したならば・・・、前群とは 異なるレンズを配置すると確実に製造コストが上昇しますが、最適位置関係を実現すれば完全補正型の素晴らしいアイピース(RPL)を実現できることが判りました。
RPL の設計は前群も後群もアクロマート設計の2 群4 枚構成で、前群にパワーの小さ な大口径のレンズ、後群にパワーの大きな小口径のレンズを配置しております。
そのために群毎色収差補正が完全に成立しています。また、前群に後群よりも直径の大きなレ ンズを配置できるので見かけ視界を60 度以上と広く取ることができます。

RPL リアルプローセルレンズ 北軽井沢観測所
左から45mm、40mm、30mm、25mm、18mm

焦点距離(mm)
18
25
30
40
45
見かけ視界(度)
62
62
62
65
62
アイレリーフ(mm)
9
14
15
20
22
サイズ(インチ)
1.25
1.25
2
2
2
重量(g)
120
170
270
筐体の色
マットレッド
ライトブルー
マットレッド
マットグリーン
マットブルー

 

〈店長からの一言〉
・レンズ枚数が少ないので(2群4枚構成)とてもヌケが良いです。
・星の色をつややかに表現します。


※今回18mm、25mm、30mmが入荷しました。
40mmと45mmの入荷時期は未定です。

全シリーズ共通仕様

レンズ構成: 2郡4枚
コーティング: 全面マルチコート
形式:リアルプローセル形式
設計:北軽井沢観測所
製造国:台湾


ご注意:
1.RPLシリーズの焦点面は視野レンズ(望遠鏡側のレンズ)付近にあります。
こちらにゴミが付くと目立ちますのでゴミが付かないように気を付けて下さい。
ゴミが付いた場合はブロアーなどで飛ばして下さい。

2.RPLシリーズの焦点位置は接眼レンズ当たり面よりも約15mm眼レンズ側にあります。
双眼望遠鏡では(EMS・正立ミラーシステム併用の場合)ピントが出ない可能性があります。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。


《RPL取り扱い店のご案内》
スターベース東京店でRPL18、25、30の展示販売をしています。

店舗情報
110-0006 東京都 台東区 秋葉原 5-8 秋葉原富士ビル1F
電話:03-3255-5535
営業時間 11:00〜19:00
定休日:毎週木曜日
* JR秋葉原駅より徒歩5分、地下鉄銀座線末広町駅より徒歩3分



《ご感想》

昨夜RPL25mmを双眼装置を使ってじっくりと見てみました。
ちょうどほぼ半月の月が出ていましたので月を見てみましたが、今までに見たことがないほど月が白く透明感があり、コントラスト高く、解像感は目に痛いほどです。20〜25mmのアイピースは何組も持ってますが、間違いなくベストです。
月の端は結構チラチラしていましたので、最高のシーイングでは全くありませんでしたが、これには本当に驚きました。アイポイントにも寛容で視野の端の乱れも少なく、この価格でこの性能だと、他のアイピースの出番が全くなくなりそうです。
オリオン大星雲では、月明かりがあるにもかかわらず鳥の翼を広げたような姿のガスの広がりが今までで一番大きく見えました。すばらしいアイピースをありがとうございました。

香川県O様(2017年1月)