カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

ゼニススター80 DDG 天体望遠鏡  ZenithStar 80 DDG APO 

限定1台、ウイリアムオプティクス0.8倍レデューサー/フラットナー6(25,800円相当)無料サービス致します。

ウイリアムオプティクス ゼニススター80 DDG アポクロマート天体望遠鏡


ゼニススター80EDに新型接眼部が採用され進化しました。

ゼニススター80 DDG 天体望遠鏡  ZenithStar 80 DDG APO 

価格:

85,524円 (税込 92,366円)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

口径80mm 焦点距離545mm F6.8
EDアポクロマートレンズ 1:10マイクロフォーカサー付
アルミ合金CNC切削加工 ソフトケース付

新型のデジタルスケール付きヘビーデューティフォーカサー
ZenithStar 80 DDG APO
対物レンズ  (株)オハラ製のFPL-51 EDガラスを含む2枚玉アポクロマート。
全てのレンズ面がSTMコート(special super-high transmission coating)されています。
10段の段付きバッフルと丁寧な内部つや消しがコントラストを高めます。
ZenithStar 80 DDG APO

カメラ三脚への取り付け

台座にはカメラネジがありカメラ三脚にはそのまま取り付け可能。
ZenithStar 80 DDG APO

赤道儀・経緯台への取り付け

ビクセンポルタ経緯台・SX赤道儀・GP・GPD赤道儀にはそのまま取り付けできます。ビクセン互換Lブラケットになっています。
写真撮影等でバランス調整が必要な場合にはSC天体望遠鏡用汎用プレート3の取付をお勧めします。

軽量なソフトケースが付属します。
ケース込みでも4kg強と軽量なので、気軽にフィールドに持ち出すことができます。
ZenithStar 80 DDG APOZenithStar 80 DDG APO

ファインダー、天頂ミラーー、アイピースは別売りです。参考画像:ZS80ED青鏡筒
ZenithStar 80 II ED APO

■ 仕 様■

有効径
80mm
口径比
F/6.8
焦点距離
545mm
光学仕様
(株)オハラFPL-51 EDガラス使用, 2群2枚空気分離式アポクロマート, STMコート(special super-high transmission coating)
分解能
1.45"
レンズフード
収縮式
合焦装置
2インチファインフォカサー
(デジタルスケール付きヘビーデューティフォーカサー)
1:10 マイクロフォカサー付
ドローチューブ移動距離 80mm
最大バックフォーカス150mm
メガネのマツモト製EMS-L使用でもピントが出ます。双眼望遠鏡用に適します。
鏡筒回転装置
ノブに温度計装備
注意:眼視の場合バックフォーカスが多いので直焦点ではピントが出ません。 天頂ミラー、天頂プリズム、正立プリズム、延長筒を併用して下さい。
1.25" Adapter
真鍮リング式
L- type Mount
ビクセン互換 Lブラケット台座 1/4インチカメラネジ穴2ケ装備
視野絞り
10 段段付きバッフル
鏡筒直径
90mm
鏡筒の長さ
430mm フード収縮時
500mm フード伸縮時
鏡筒の重さ
約3.0kg
ケース
ソフトケース 
ケースの大きさ
(WxHxD)
約 51cm x 29cm x 17cm
ケースの重さ
約1.1kg
付属品
英語取扱い説明書

フード部径
   外径:約103φ
   内径:約95φ

DDG部仕様
   DDG=digital display gauge
   可動約80
   表示:4桁、小数点以下2桁(弌
   電源スイッチ
   ゼロ設定スイッチ
    (基準点から+−表示可能)
   電池:LR44タイプ 1個
   バックライト照明は付いていません。
   連続使用時間(電池寿命):不明
  ※一部の赤道儀ではモーターノイズの影響でデジタル表示が誤作動する場合があります。

ZenithStar 80 DDG APO

MG90FD等と同様な良質な2インチファインフォカサー(クレイフォードタイプ)接眼部です。
アイピース固定は真鍮の締め付け式でアイピースには傷が付きにくくなっています。
31.7mm用アダプタ付き(真鍮の締め付け式)
2インチ接眼部は2点ネジ式でしっかり重たいアクセサリーでも保持します。
回転装置(360度)付き
1:10 微動式(デュアルスピード)ファインフォカサー
ノブにはアナログ温度計が付いています。


ZenithStar 80 DDG APO
ZenithStar 80 DDG APO

ZenithStar 80 DDG APO



ZenithStar 80 DDG APOZenithStar 80 DDG APO
鏡筒回転装置

ZenithStar 80 DDG APO
伸縮フード

ZenithStar 80 DDG APO

フォーカスロックネジがさらに進化、より接触面が広く取れる構造になり、また太いロックノブにより、よりしっかりと接眼部を固定できます。重たい撮影機材に対応できます
ZenithStar 80 DDG APO

新型のデジタルスケール付きヘビーデューティフォーカサーはより強力になりました。構造は受け板の両側にボールベアリングを配置し、最短で押さえる為、ガタがなく、ドローチューブ反対側で押さえる方式よりもしっかりとサポートされるため、クレイフォードタイプでありながら、重たい機材もしっかりと支え下がりにくい構造です。 方式としてはリニアスライドボールベアリングを使ったリニアスライド(リニアベアリング)のボールベアリングを前製品のボール単体から完成品のベアリングに変え、クレイフォードが一体となったような構造です。 注意:通常のクレーフォードよりも固定ネジ等が多いので分解はされない方が良いと思います。(分解はおやめください。)
ZenithStar 80 DDG APO
上下方向の固定はクレイフォードのシャフトが下側から来ており、上方向はベアリング上側の段によりプレートをサンドイッチされています。

ZenithStar 80 DDG APO


ZenithStar 80 DDG APO



参考:下記はZS 80 供ED のデータですが、レンズは同じです。
  ZenithStar 80 II ED APO
ZenithStar 80 II ED APO



【参考写真】
北アメリカ星雲(NGC7000)

ペルセウス座二重星団(NGC869、NGC884)

アンドロメダ大星雲(M31)

スバル・プレアデス星団(M45)

撮影データ
WillamOptics Zenithstar80ED(ゼニススター80 DDG1と同レンズ) +(ウイリアムオプティクス0.8倍レデューサー/フラットナー3・ 436mm)
Losmandy G11
CanonEOS60D(SEO-COOLED)
Lodestar-PHDguiding/miniBORG60ED
撮影者:北浜直様




■ゼニススター80 DDG 天体望遠鏡ご感想

3月下旬に,ZenithStar 80 DDG APOを購入しました。
いつも素早い対応と丁寧な梱包に感謝しています。
このような丁寧でしっかりした梱包ですと、配送業者も慎重に扱ってくれるものと思います。
昨年持ち運びに手軽と思い日の出 66EDCFを購入し、天体のお気軽眼視や正立プリズム(31.7mmサイズ45°正立プリズム)を使っての野鳥観察,撮影に使用していましたが、ちょっと物足りなさもあり性能や軽量さも考慮してZenithStar 80 DDG APOを購入することにしました。
現在66EDCFの方は野鳥観察と太陽黒点観測専用になり、フードを改造して,NDフィルターの取付ができるようにしました。

購入後10日なので感想や評価をするには短期間すぎるのですが、現在の感想をお伝えします。
今は土星が見頃ですのでファーストフライトとして自宅の窓(ベランダに出なくても北東から南南西まで室内から観測できますので、かなりの都市光害は我慢しても、寒い思いをしなくて冬空の観望ができます。)から接眼レンズを色々と取り替えながらながめています。
谷エルフレ16mmでも十分に土星本体と輪のすき間まで見えます。
像は小さいですが、セレストロンC6より鮮明に見えますし、谷オルソの12.5mmや6mmに双眼装置に付属の1.6倍バローやビクセンの2倍バローを併用すると、多少甘い像にはなりますが(最近の強風によるシーイングの悪化や都市光害の影響もあると思いますが。)輪の色違いも見え十分に満足を与えてくれています。
また80 DDG APO はC6用にスタークラウドから購入していた2インチのアダプター類(直焦点撮影アダプター、天頂プリズム、接眼レンズなど)が有効に使えますので80 DDG APOとアダプター類のいずれについても,良い買い物をしたと思います。
土星の写真撮影も見るに堪えるものになってきました。
ここ数年周囲に20階建て以上の高層マンションが乱立して次第に天空が狭くなっていますが、80 DDG APOは思ったより軽量なので66EDCF同様、軽量三脚と最近入手したSkyWatcherのマルチファンクションGOTOマウントを持ち出して星空探しに出かけようと思っています。
今後も,良い製品の提供を心待ちにしています。

神奈川県横浜市 K様 (2012年4月)

ページトップへ