カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

口径比(F)

戻る

口径(F) = 対物レンズまたは主鏡の焦点距離 ÷ 口径

カメラのF値と同様、レンズの明るさを示す数値ですが、天体望遠鏡の世界では主に、その望遠鏡が、短焦点であるか、長焦点であるかを判断する基準となります。

短焦点とは、口径に対して焦点距離が短い状態を示します。また、長焦点とは、口径に対して焦点距離が長い状態を示します。

一般的に短焦点の望遠鏡は低倍率(=より広い視野)での観望・撮影に向いています。そのため、主に、広がりの大きい天体である星雲や星団を得意とします。

長焦点の望遠鏡は高倍率(=より狭い視野)での観望・撮影に向いている。そのため、主に惑星などの小さな天体を得意とします。

用語集