カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

カタディオプトリック式天体望遠鏡

戻る

レンズと鏡を組み合わせ、の反射式と屈折式の長所を取り入れた、やや複雑な形の望遠鏡。その分、鏡筒は非常にコンパクトです。

レンズや鏡の配置の違いにより、シュミットカセグレン式、マクストフカセグレン式など、様々な形式に分類されます。

反射式と同様、筒内気流による星像の悪化が起きます。使用前の慣らしが必要です。

衝撃により光軸がずれることがあります。カタディオプトリック式は、構造が複雑なため、素人が光軸を調整するのはなかなか難しいです。

用語集